ビビッドナイトのレビュー 評価や感想など

ビビッドナイト(Vivid Knight)の攻略とレビュー 評価や評判、感想などの記述 ゲーム

パーティ構築型ローグライクゲーム、
ビビッドナイトのレビューです。
購入を迷っている方は参考にしてください。
PCとNintendo Switchで遊ぶことが出来ます。
スマホ版も発売が予定されているようです。
筆者はスイッチ版で遊びました。

5時間前後でスタッフロールを見た時点でこれを書きましたが、
その後に追加される要素は相当多いです。
結局は80時間以上遊んで、
とても面白い作品だったと言えます。
現在も高難易度の追加ダンジョンを楽しく遊んでいます。
ゲームバランスも丁寧に調整してあるなという印象です。

スポンサーリンク

ビビッドナイトってどんなゲーム?

シールやカードを集めていくのが好きなあなた。
それに攻撃力や特殊能力などのステータスがあって、
戦わせたりできたらもっと嬉しいあなた。
ビックリマンシールが好きなあなた。
遊戯王カードが好きなあなた。
そんな全ての方々にオススメしたいのが、
パーティ構築型ローグライクゲーム、
ビビッドナイトです。

まずローグライクゲームというのは、
入るたびにダンジョンの構造や入手アイテムが変わり、
知識と経験と、その場の判断力によりモンスターを倒しながら奥へ行き、
途中でやられると全てを失って最初からという類のゲームです。
ビビッドナイトに関してはアクション要素はなく、
じっくりビルドや進み方を考えて遊びます。

ビビッドナイトは公式でパーティ構築型と紹介されている通り、
宝石にされてしまった仲間達を道中で拾いながら、
最大6人が参加できるパーティを作りつつ先へ進みます。

主人公アメリはターンの始めに1つだけ、
ジェムというアイテムを使って戦闘を支援できますが、
それ以外の部分は全てオートバトルです。

仲間達はそれぞれ通常攻撃とスキルでの攻撃の2種類をもっており、
スキル攻撃は強力ですが使ってくれるかは基本はランダムです。
攻撃や防御などのステータスにも個性があります。
スキルには隊列が重要なものも多くあり、
どのキャラをどの位置に置くかという点でも、
工夫しがいがあって面白いです。

仲間キャラクターは宝石のように色分けされており、
さらに1つずつマークが付けられています。
色かマークが同じ仲間をパーティに集めると、
その組み合わせによってシンボルアビリティという、
いろいろな効果が発生する仕組みです。
ちなみに主人公が3つまで身に着けられるアクセサリーにも、
特殊効果と共に色やマークは付いています。

ゲームを楽しくする要素はまだあります。
3人同じキャラクターを集めると、
1つに合わせてキャラをアップグレードできるのです。
これによりキャラが飛躍的に強くなります。
なので冒険の途中で同じキャラがダブっても、
がっかりどころかむしろ嬉しい仕様になっています。
さらにアップグレードしたキャラを3人集めると、
もう1段階アップグレードできます。
つまり同じキャラを計9人集めれば最終強化ということです。
難易度の高い後半のダンジョンは、
いかに早くなるべく強化された6人を揃えるかが重要です。

宝石の仲間は控えとしていくつかストックしておくことが出来て、
シンボルアビリティは基本的には、
戦闘に参加する6人のものしか発動しません。
しかしアップグレードしたキャラのものは、
控えに下げたりそのキャラを手放しても、
発動したままに出来るという特徴があります。
これがパーティビルドをもう一段階面白くしています。
スタッフロールを見た後の追加ダンジョンあたりからは、
パーティの6人全員を最終強化まで完了するのがリソース的に難しく、
代わりに色々なキャラをアップグレードしてシンボルを溜めていく、
という方向の強化が重要になってくる感じです。

このゲームではお金の使い方が重要でもあります。
パーティの参加人数の増加、
道中の店での仲間の購入、
そこでの品ぞろえの更新に全てお金が必要な為、
貯め方と使うタイミングの見極めも、
センスが問われる部分だと思います。

ダンジョンで拾う輝石というアイテムを集めることで、
新しく入手できるようになるキャラやアクセサリー、
ジェムなどをアンロックしていく要素もあり、
これもゲームのモチベーションの1つになっています。

スタッフロールを見た後も、
新しい追加ダンジョンや追加キャラクターが沢山あり、
2000円以下で買えるゲームとは思えないコスパの良さだと思います。

不満点など

まず人によっては大きな不満となりそうなのが、
ストーリーと呼べるほどのしっかりしたものが存在しないこと。
ダンジョンに入る動機が一応作ってあるというだけのレベルです。
まだ筆者が遊びきれていないだけの可能性もありますが……

ただしキャラクターは皆個性的で、
ボイスもあるし可愛いし魅力的です。
そしてこのキャラはこういう性格で立場で……
という風に設定はかなり作ってあります。
それが50人以上います。
個人的な感覚でいうと、
ストーリーはそれなりに作ってあるけどグラフィックがバタ臭すぎる、
というようなパターンよりはよっぽどいいですね。

次にUIに若干見にくい部分があるかなと感じた点です。
ちゃんと決められたボタンを押せば、
知りたい情報に辿り着けるようになっているのは確かです。
しかし知るべき情報量が割と多い故、
慣れるまではどうしても、
どの状態からどのボタンを押せばアレが見られるんだ?
という風に迷うことが多かったです。
筆者の頭が悪いだけかもしれません。
慣れてこれば全く問題ないレベルだとは思います。

ゲームおすすめ評価ポイントまとめレビュー
ゲームの進める上で取り逃し、取り返しのつかない要素、ランダム成長要素などが怖いおじさんのゲームレビュー。基本的には面白かったものしか書いていません。
スポンサーリンク

攻略記事を書きました

最後の追加ダンジョンまでクリアできたので、
クリアのコツや基礎知識などの攻略記事を書きました。
スタッフロールを見た後あたりの人向けです。