モンハンライズ 操虫棍の使い方 立ち回りやおすすめスキル解説

モンハンライズの操虫棍使い方や立ち回り解説画像 モンスターハンターライズ

操虫棍の基本操作や立ち回り、
装備の一例やおすすめのスキルについて、
詳しく解説しました。

スポンサーリンク

バッタが地雷行為なのは過去の話 それなりに強化されました

バッタとは、操虫棍による跳躍を多用して、
過去のモンスターハンターでは火力が低めだった、
空中攻撃をメインに立ち回る人々を揶揄した言葉です。

しかし今作は与えるダメージが見直され、
舞踏跳躍で空中攻撃を継続するほどに、
着地するまでダメージが上がっていく仕様などもあり、
楽しくぴょんぴょんしながら遊べるようになったのです。

せっかくなので武器の特性を最大限に生かし、
バッタ上等で戦場を跳び回ってやろうではありませんか。

よく使う技

操虫棍を扱う上で、よく使う技について解説します。

操虫【エキス採取】【虫寄せ】【印弾】【印当て】

戦う前に敵からエキスを採取する為の基本行動。

ZRを押しながらXで【エキス採取】。
照準に向けて虫を一直線に飛ばし、
モンスターの部位に当たるとそこに設定されたエキスを採取する。
モンスターに当たるか一定距離を飛んだ虫はその場で停止する。

色々な攻撃の後にすぐ使うことでその隙が消せる。
そして虫が飛ぶので当たれば少しダメージが与えられる。

ZRを押しながらAで飛ばした虫を腕に戻す【虫寄せ】。
エキスを取っていれば効果が出る。

こちらも隙消しに使える。
主に虫をあまり飛ばしたくない共闘型の隙消し用。

ZRを押しながらZLで、
狙ったところに煙のような印をつける弾を放つ【印弾】。

その後に虫を飛ばすと、印のついたところに虫が飛んでいく。
印の色で何色のエキスが採取できる部位なのか確認できる。

普通にZRだけ押すと、
操虫棍で殴ると同時にその場所に印を付ける【印当て】。

わざわざ照準で狙うような部位ではない、
殴った方が早い場合などに。

虫を飛ばす際の注意点として、
虫は現在の虫の居る位置から印や照準で狙った部分に、
一直線で飛ぼうとすること。

つまり、例えば虫と自分の間に敵がいるような場合、
こちらを向いた敵の頭に印弾を付けてエキス採取させても、
虫は敵の尻尾や背中といった部分に阻まれて、
頭にぶつかれずに頭の部分のエキスが採取できない、
そういった事も起こり得る。

エキス採取で飛ばした虫は敵をすり抜けることは出来ないが、
虫寄せで帰還させる場合は敵をすり抜けて戻ってくる。
なので、いったん虫を帰還させて手前側に戻し、
改めて頭を狙ってやるといった事も必要になってくる。

狙った部位と虫の間に邪魔な部位が無いようにしてやろう。

飛円斬り

赤エキスの効果中に出せる、
威力の高い技。
A→Aの2回目に出るのが代表的な出し方。
出した後に少し隙があるので、
すぐ回避をするか、
エキス採取か虫寄せで隙を消そう。
下の方の戦い方で同じようなことが書いてある。

これとの入れ替え技で四連印斬というのがあるが、
動作が長く使いづらい為、
まずはこちらが、というかずっとこっちでいい。

突進回転斬り

飛び込み斬りとの入れ替えで設定できる技。
抜刀攻撃や、Lスティック+Aで出る。
一瞬止まった後に回転しながら前進攻撃。
移動距離が長い。
慣れていないと上で紹介しているA→Aの基本攻撃中に、
暴発してしまうことが多い。

回転中に敵の攻撃を受けるとそれを無効にして跳躍する。
上手く使えば強くて楽しいのだが、
Lスティックを倒さずにA→Aがなかなか徹底できない人は、
飛び込み斬りに戻してしまってもいいと思う。

跳躍

ZRを押しながらBで飛び上がることが出来る。
ここからAでジャンプ突進斬りを出すことが多いと思う。

空中でBを押すと好きな方向に回避行動もとれる。

鉄蟲糸跳躍

もう1つのジャンプ技。
ZLを押しながらXで出せる。
一応飛びながら攻撃も出してる。
翔蟲を1消費するが、空中で出せることが大きなメリット。
通常の空中回避と組み合わせ可能。

強化ジャンプ突進斬り

エキスを3色揃えている間に空中でAボタンで出せる、
多段ヒットの空中突撃。
バッタにとって主力の技。
終わった時に敵の体が足元にあると、
踏みつけて飛び上がる舞踏跳躍に繋がる。
着地するまでに3回出せる。

舞踏跳躍

これを出すごとに、着地するまで空中攻撃のダメージが上がる。
着地したら元に戻る。
着地するまでに3回出せる。
つまり、3回目の後は強化ジャンプ突進斬りは出来ないので、
追撃するならXで強化ジャンプ斬りを出すか、
降竜を出すしかない。

降竜

ZLを押しながらAで出せる技。
地上で出せばその場で高く跳躍し、
空中で出せば出した地点から少し浮き上がって、
真下の着地点めがけて操虫棍を突き刺す。

操虫棍で一番目立つ高ダメージが出るが、
攻撃範囲が狭く、着地した後の隙が大きい。
この隙は操虫操作で消すことが出来ない。

舞踏跳躍を経た時のダメージ上昇率が高く、
3回後のコレを弱点に当てると凄まじいダメージが出る。

回帰猟虫

降竜との入れ替え技。
最初から使えるのはこっち。
自身は後方に飛びのきながら、
虫はその場で一回転する攻撃を繰り出す。
虫が遠くに居たらそこで回転する。
その後腕に帰還してきて、
その際に虫のスタミナが全回復する。

一回転が当たると、
虫は通常エキスと一緒に回復エキスを持ち帰り、
体力が回復できる。

回避の性能が高い上、
粉塵タイプの猟虫と相性が良さそう。

降竜の大ダメージのロマンを取りたくなるけど、
使えない技じゃないと思う。

スポンサーリンク

まずはエキスを3色採取するところから

面倒な前準備作業と思われがちなエキス採取ですが、
3色集めた効果が大きいので必ずやりましょう。
各エキスのとれる場所はモンスターごとに決められており、
大体は同じ傾向ですが一部例外もあります。

エキスの効果と採取できる部位について説明します。

赤エキス

攻撃のモーションが強力なものに変わる。

大体のモンスターは頭から採取できる。
そうではない場合も、
そのモンスターが攻撃する時に主に使ってくる部位から、
採取できる場合が多い。

例えばゴシャハギは両腕での攻撃が特に多い為、
腕が赤エキス採取部位。頭は白エキスになっている。

赤と白のエキスを両方取ると攻撃力が上がる。

白エキス

移動速度が上がり、跳躍が少し高くなる。

手足や翼などから採取可能な場合が多い。
例外もあるが、
そのモンスターが移動するのに使う部位が、
白エキスになっているイメージ。

白と橙のエキスを両方取ると敵の咆哮を無効化する。

橙エキス

のけぞることが無くなる。
吹っ飛ばされないということではない。
それと防御力が少し上がる。

胴体から採取できる場合が多い。
硬い部位がオレンジエキスになっていることも多い。

3色全てのエキスを取ると、
揃った瞬間から90秒間の間、
攻撃力と防御力が上昇する。

赤白エキスの攻撃力アップと、
橙エキスの防御力アップよりも、
高い効果で上書きされる。

猟虫のタイプ

大きく分けて3つのタイプがあります。

共闘型は3色エキスを揃えた状態になると、
飛円斬りや降竜などの一部の攻撃を出した時、
猟虫が追撃してくれます。

猟虫を当てた時、一度に2種類のエキスを採取してくれるのも、
大きな特徴です。
どのエキスを必ず採取してくれるかが虫ごとに決まっています。

白や橙が採取しにくいモンスターは割と多く、
元から橙エキスの部位に当てると白も一緒に採取出来る、
2色取り(防御)の猟虫がおすすめです。

つまりザミールビートル。
切断より打撃が好きなのでこっちですね。

赤エキスは頭で大体取れる上、
頭が赤エキスではないモンスターも、
そのモンスターが攻撃に使う象徴的な部分が赤であることが多く、
分かりやすいのです。

考えることをエキスの管理と実際の戦闘のみに絞れる上、
3色そろえる時間も短縮できるので、
共闘型をおすすめします。

攻撃の隙消しに虫飛ばしが使いにくいのは、
共闘型の少ない難点ですかね。
虫帰還の方で消しましょう。

粉塵型は印弾を当てると、
スタミナの続く限り自動で攻撃し続けてくれます。
その際に粉塵がその場所に舞い、
そこを攻撃すると炸裂し、虫ごとに違う効果が表れます。

スタミナが切れると自動で帰還し、
スタミナが回復したらまた印弾で自動攻撃……と繰り返します。

粉塵の爆発は特殊効果があるとはいえダメージが低く、
猟虫の行動管理という仕事が増える為、
初心者にはおすすめしにくい型です。

速攻型はしばらく腕にとまっているとチャージが完了し、
次のエキス採取のダメージが高くなるというものです。

粉塵型ほど考えることは増えず、
チャージ完了ごとに虫を当てるというだけですが、
チャージされた虫でもダメージはそれなりで、
共闘型の2色取りを捨てられるほど効果があるとは思えません。

まぁ共闘型ははっきり言って、
残念ながら操虫感が薄く、虫の部分邪魔じゃん……
みたいなところがあるので、

たまには粉塵型や速攻型も使ってみてください。

スポンサーリンク

実際の戦い方

地上でも空中でも、エキスを3色まず揃えることが大前提です。

地上では、3色エキスを揃えた後のA→Aで出す、
強化なぎ払い→飛円斬りが強力かつお手軽です。

操虫棍はAボタンで出す攻撃が全体的に強く、
Xボタンでの攻撃は、ぶっちゃけ使わなくてもいいレベルです。

Aばかりでいいなら派生を覚えることが少ないのもメリット。

飛円斬りの後に隙があるので、
猟虫飛ばしか猟虫帰還を使って、
隙を消してやりましょう。

虫を飛ばす方を使ってやれば、
少しですが追加のダメージを与えられます。

ただし、共闘タイプの虫を使っている場合、
飛ばしてしまうことで虫が腕から離れ、
その間は飛円斬りなどで追加攻撃が出なくなります。

これを防ぐ為に、
共闘タイプの虫を使っている場合は、
猟虫帰還の動作で隙消しを行うようにしましょう。
既に腕に虫が止まっている状態でも、
問題なく出すことが出来るのです。

A連打で攻撃していると立ち位置が少しずつ変わる為、
虫で隙消しの動作を行っている間に、
弱点に上手く当たるように立ち位置を直しながら戦いましょう。

空中戦ならZR+Bで跳躍し、
空中Aで強化ジャンプ突進斬りを出していきましょう。
技を出し終わった後、敵の体を踏みつけられる位置だと、
舞踏跳躍が勝手に出てその場で敵を踏みつけて真上に跳びます。
ここから更にAボタンで、強化ジャンプ突進斬りが出せます。

簡単に言えば、強化ジャンプ突進斬りも舞踏跳躍も、
一度地面に着くまでに3回ずつ出せると覚えるといいです。

その間、空中で回避行動をとることも可能で、
敵の攻撃から離れたい場合や、
突進斬りの前の位置調整などに使えます。

ジャンプ突進斬りを狙った弱点に全て当てるコツは、
高さを合わせてやることです。

当てたい場所と同じ高さになった時に技を出しましょう。

また、着地せずに何回も舞踏跳躍を経て攻撃すればするほど、
ダメージが普段より上がります。
これの為に有効な方法の1つが、
ZL+Xで出せる鉄蟲糸跳躍です。

空中で出すことも出来る為、
翔蟲さえあれば空中回避→鉄蟲糸跳躍→空中回避などと、
ずっと空中に浮いていられるのです。
間に突進斬り→舞踏跳躍を挟んでも大丈夫ですが、
地面に着くまでに出せる各3回が回復することはありません。

空中回避とジャンプ突進斬りは使用の際にスタミナを消費し、
出した後はスタミナ回復が止まります。

舞踏跳躍をした後と鉄蟲糸跳躍を使った後は、
スタミナが回復しはじめることも覚えておくといいでしょう。

長く滞空する助けになります。
楽しいです。

操虫棍のおすすめ武器や防具、スキルを考える

おすすめ武器については、
良いことでも悪い事でもあると思うのですが、
現状はナルガクルガの操虫棍の一強だという事です。

バージョンアップを数回経た後でも武器を強化する楽しみが無く、
ずっとこれです。
他の武器種のナルガ武器と比べても、
ナルガ武器の数値が強力なんですよね。
最後の最後までゲームを進めなくても作れる武器なので、
そこはメリットでもありますが……

スキルに関しては、
最大ダメージを狙うよりも、
バッタライフを快適にすることを優先してあります。

  • 武器は闇鎌棍【夜凪】
  • カイザークラウン
  • ナルガSメイル
  • ヤツカダアーム
  • ジャナフSコイル
  • インゴットSグリーヴ
  • 護石はレベル2スロットが2つあるもの

装飾品を適切に付けると、
見切り7、攻撃4、超会心3、達人芸3、
砥石使用高速化3、体術2、気絶耐性2、
スタミナ急速回復1、回避性能1、ひるみ軽減1が付きます。

砥石の3と気絶の2は好みで入れ替えてもいいです。
もしくはエキスの効果があるので、
ひるみ軽減1が要らないかも。

空中回避と強化ジャンプ突進斬りは、
両方ともスタミナ消費するので体術が付けたいです。
なのでスキル効率が良くスタミナ急速回復も付く、
ヤツカダアームを採用。

弱点特攻が1でいいから付けたいけど護石が厳しい。
良い護石がある方はどうぞ。

筆者はこれに加えて、
護石そのものの効果として体術2と翔蟲2が追加されています。

スタミナスキル要らんて方は、
胴と腕両方カイザーにして火力スキル増してください。
それなら普通にフルバルクとかでいい話でもあります。

回避距離UPは1くらいなら積んでもいいかもしれませんが、
たくさん積むと空中回避で下がった後など、
ジャンプ突進斬りが敵まで届かない……
という事があると嫌なので取り合えず積まないことにしました。

終わりに

舞踏跳躍、空中回避、鉄蟲糸跳躍を併用すれば、
舞空術さながらに滞空出来て楽しいです。

読んでいただいて有難うございました。