モンハンライズ 片手剣おすすめ100%会心のハイニンジャソード!

モンハンライズの片手剣の使い方やおすすめ装備記事画像 モンスターハンターライズ

片手剣の基本操作や立ち回り、
おすすめスキルや装備の一例についても、
詳しく書いてあります。

スポンサーリンク

会心率が驚異の100%!カスタマイズ性にも優れた、おすすめ神片手剣

みんな大好きニンニン忍者。
モンスターハンターライズのアップデートVer.2.0によって、
待望のニンジャソードが追加された。
雑貨屋のカゲロウからのサイドクエストを達成すれば作成可能になる。

見出しの通り、なんとこの片手剣は最初から会心率が100%ある為、
他の武器などで頻繁に用いられる見切りや弱点特攻といったスキルを必要としない。

それらに割いていた枠を他のスキルに使える上、
片手剣というサポートにも長けた武器種ということも相まって、
広域スキルなどを用いたヒーラーから、
超会心や心眼鈍器などで更に攻撃力を高めたりと、
人によって気分によっていろいろな遊び方が出来る優れもの。
切れ味は初期状態では緑までしかないものの、
ゲージの圧倒的長さで砥石によるケアをあまり必要としないのも嬉しい。

そして何より見た目がカッコイイ!
なんとグラフィックとしては盾が表示されていないのだ。
代わりに盾を持つ手には数珠がはめられており、
これで攻撃を防いでいるのである。
気合で耐えているだけなのかもしれない。
念的な何かの可能性も捨てきれない。

全身真っ黒い服装に身を包めば、
あのキャラクターを彷彿とさせる。

動きもスタイリッシュなのでカッコよく戦える。

作成が若干つらいのだけがネック。
ハイニンジャソードへ強化するためには、
アプデで追加された古龍3種の角が2本ずつ要る。

見た目にも性能にもひきつけられて、
ガンスおじさんが、にわか片手剣使いになってみた。

片手剣の基本的な動き、立ち回りなどを調べてみた

スポンサーリンク


筆者のようなにわかでも、そこそこ戦える基本コンボがあった。
スティックを倒しながらA→A→Aの後にX+A。
盾攻撃→バックナックル→ハードバッシュ→旋刈り、と繋げる。
入れ替え技をハードバッシュ連携に設定していないとダメなので注意。
穿ち斬り連携にして同じ操作をするとそっちが出る。
同じように旋刈りは出せるし、ダメージも高いので、
好みで変えてもいいかもしれない。
盾で攻撃する時には属性値や状態異常値の効果が出ないことと、
斬れ味が落ちないという特徴がある。

スティックを倒さずにA→A→Aの後にX+Aとやると、
水平斬り→斬り返し→回転斬り上げ→旋刈り、となる。
こちらは盾を使わないのでそのぶん斬れ味が落ちるが、
連携時間はあまり変わらず、少し威力が高い。
尻尾などを斬るときはこちらがいいだろう。

盾コンなどという言葉に、
古参のハンター達は嫌悪感があるかもしれないが、
これは似て非なるもの。
味方を吹っ飛ばしたりといった事は無い。
安心して使おう。

この攻撃、修練場でやっていただければ分かるが、ダメージがかなり高い。
最後の旋刈りのダメージが特に高く、そこに到達するまで連携も短い為、
敵の隙を見てこれを丁寧に当てていくだけで、
相当のダメージが叩き出せるのだ。

メリットはそれだけではなく、
盾攻撃が主体なので頭を狙えば気絶させられるし、
疲労の蓄積も見込めて、更には斬れ味が落ちにくいと、
良いことずくめの攻撃なのである。

やろうと思えばいくらでもカッコよく戦える片手剣だけど、
これ一辺倒でも全然大丈夫な懐の深さもある。

慣れてきたら敵を駆け上がったり、
フォールバッシュしたり、昇竜拳をかましたりしていこう。
それらの後にも冒頭のコンボは繋がる。
連続攻撃が楽しい。

片手剣装備考えてみた 個人的おすすめはガード性能や攻めの守勢

スポンサーリンク
  • ハイニンジャソード
  • ボロスSヘルム
  • ディアブロSメイル
  • レックスSアーム
  • ジャナフSコイル
  • ボロスSグリーヴ
  • 護石はスロットレベル2が2つあるもの

適切な装飾品をはめると、
攻撃4、超会心4、鈍器使い3、ガード性能3、
攻めの守勢3、防御2、気絶耐性3、心眼2がつく。
レベル1スロットが5つ余る。

長い緑ゲージと会心100%という特性から、
超会心3、鈍器使い3、
攻撃がはじかれないように心眼2、
出来れば硬い部位もダメージが出やすいように3にしたい。
鈍器1にレベル2スロット2個という、
なかなか厳しい護石があれば心眼を3に出来る。
装飾品作りもきついが頑張ろう。
攻撃4を諦めれば、ジャナフSコイルを他の装備に変えることで、
簡単に心眼3を優先できる。カガチSコイルやクロムメタルコイルなど。

装飾品の材料などはこちらのページでまとめたので、
良かったら見てください。

砥石使用高速化を入れて戦ってみたけど、
ほぼ必要ないと感じたので、他のスキルで良さそう。
クエスト開始から一度も砥石を使わず済むことも多い。

心眼2までなら護石で要求するのはスロット部分のみなので、
そこまで厳しくはないはず。
元からついているスキルで翔蟲3や、
回避距離あたりが付いていたりすると、
戦いやすくなるかもしれない。
広域などがついてても面白いかも。
もちろん攻撃を追加で積んだっていい。
心眼を3にするのもいい。

筆者はガンランスばかり使っていたので、
ガードが出来る武器はガードしたくなる。
片手剣のガードの性能はあまり良くないが、
これでガ性3となることで、かなり安定感が増している気がする。
古龍どもの連続攻撃あたりも、割と受けきってくれたりする。
ガードを適度に使っていくことで攻めの守勢も生きてくる。

プロハンターの方々はあまりガードなどしないかもしれないが、
胴防具はスキルポイント的に効率の良いものがあまり無いのもあり、
再びディアブロSメイルにお世話になることにした。

ハイニンジャソードの百竜スキルについては、
操竜の達人も迷うところだが、
マルチプレイでは他人が操竜することも多く、
昇竜拳のダメージが上がると気持ちいいという理由で、
筆者は鉄蟲糸技強化を採用している。

終わりに

片手剣歴が極めて浅いにわかのおじさんが、
見た目のインパクトだけで使いだして思い付きで記事を書きました。
歴戦の片手剣猛者からすれば的外れもいいところかもしれませんが、
どうかご容赦ください。

イベントクエストで忍者ポーズももらえるし、
この機会にみんなでニンジャやろうぜ!

読んでいただき有難うございます。